実践力を鍛える

ゴールデンエイジの始まり

2020年東京オリンピック
2025年大阪万博
2027年リニア中央新幹線開通

これからの経済的、環境的条件を俯瞰する限り、2020年は日本にとってまさに「ゴールデンエイジ」の始まりです。

2020年東京オリンピック

少子高齢化が加速して人口が減少する日本では、経済全体のパイも減少し、「オリンピックが始まるまでは景気は良く、終了後は不況へ」との見方をする人も多くいます。

建設業界の好況だけでなく、オリンピック開催は、より多くの外国人が日本を訪れるきっかけとなります。

日本製品を大量に購入する「爆買い」。中国人訪日客の「爆買い」をきっかけに、日本商品の中国通販サイトのビジネスも急速に伸びています。

インバウンド需要からアウトバウンド需要が伸びていることも事実です。

日本で良い商品、サービスを体験し旅行客は、自国でも求めます。じつはここに、海外展開を成功させる秘策が隠れています。

2025年大阪万博

2025年に決まった大阪万博は、まさにそのゴールデンストリームを加速させるものとなるでしょう。

日本経済が戦後の高度成長期にあった1964年に東京オリンピック、70年に大阪万博が開催されて以来の再開催。関西の発展を象徴した巨大イベントが半世紀ぶりに大阪に帰ってくることになります。

2020 年東京五輪後の経済成長牽引役となるとともに、大阪府や関西経済界の思惑通り、夢をもう1度手にすることはできるのだろうか?

大阪は東京と比べると、規模は約半分です。

●東京都GDP 104兆3千億円(平成27年度)
●大阪府GDP  39兆1069億円(平成27年度)

●首都圏の人口 約3400〜3700万人
●関西圏の人口 約1864万人

●JR山手線 1周約60分 29駅
●JR大阪環状線 1周約40分 19駅

大阪万博の開催期間は、半年です。(オリンピックは17日間)
また京都・奈良という世界的観光地を有します。大阪万博により、大阪だけでなく、関西圏は岡山も含めて開発が進むでしょう。

2027年リニア中央新幹線(東京・名古屋間)開通の建設ピークもこの時期。
五輪特需、大阪万博、リニア中央新幹線への期待でJR東海の株価は過去最高値を更新しています。

コメントを残す

*