使命とは

「使命」 「志」 「情熱」

成功企業の社長、リーダーにとって不可欠な2020-2030年ビジョン

中小企業の場合、企業を発展させるのも潰すのも、100%社長の責任です。
実際、社長の限界が企業の限界になり、社長の限界突破が企業の限界突破に直結します。

成功企業の社長、リーダーにとって不可欠なのが「使命」「志」「情熱」であり、「ビジョン」です。

トップの熱い「情熱」が人を動かします。経営者は発電所です。経営者が熱い情熱を発電せずに、誰が社員に、お客様に情熱を注ぐのでしょうか? 情熱温度は1000度です。それほどの熱い念いで仕事に、お客様、社員にエネルギーを注ぐのがトップの責務です。

情熱のもとにあるのは「志」

情熱のもとにあるのは「志」です。
「志」とは、武士の心です。自分のためではなく、理想のために命を惜しまないということです。

近代国家を創るために命懸けで奮闘した維新の志士3000人が当時3000万人の日本を変えました。つまり、1人が命を懸けて本気になれば1万人に影響を与えられるということです。社員1万人くらいの会社、ファン客1万人くらいの店舗は作れるということです。それほどの「志」を持って経営をしていますか?


さらには「使命」

さらには「使命」です。
「使命」とは、命を使うと書きます。命とは人生、時間のことです。それを自分の損得のためではなく、世のため、人のために使うことです。

また、「使命」にはもうひとつの意味があります。
使命の「命」は、「命令」の「命」。「命令に基づいて使う」。命じられた任務を果たす。命じられたことを、自分の人生を使って果たしていく。

では、誰があなたに命ずるのでしょう?
それは、神様が命ずるのです。

新しい元号の「令和」にも用いられた「令」には、「神様のお告げ」という意味があるそうですね。

私たちは生まれてくる前に、神様から「あなたの個性、素晴らしさを生かして、世のため人のため、ゴールデンエイジ実現のためにがんばってくださいね」という命を受けてうまれてくるのだと思います。

経営者、リーダーとして自分の人生を賭ける「使命」をつかんでいますか?

その上での「ビジョン」

その上での「ビジョン」です。
「ビジョン」とは経営の設計図です。家を建てる場合、設計図が数ミリずれているだけで、ドアは開きません。

綿密、明確な設計図としてのビジョンを固め、社員に打ち出していますか?
トップの本気の「ビジョン」が提示されて初めて、全員のベクトルがそろい、的が定まり、組織が生まれ変わります。

私達には、共通の使命があります。
2020-2030年、皆様がそれぞれの業界リーダー、モデルとなることです。日本を代表する企業、最も尊敬を集める会社になることです。それが共通の「ゴールデンエイジ使命」です。

そして、2020-2030年日本が世界をリードする原動力になりましょう。

弊社は毎年、全国のクライアント様が一堂に会し、表彰、成功事例発表を行う限界突破大賞全国大会を開催しています。2020年には、「世界大会」を催します。その場にともに参加し、日本を、世界をリードする企業群となって、世のため、人のための使命を果たしましょう。

株式会社アデイナス
代表 砂田 淳

四正道コンサルティング無料見学のご案内


「経営の真髄セミナー」「四正道・限界突破コンサルティング」とはどのようなものか、実際にコンサルティング現場を体験いただき、アデイナスのスタイルをご確認いただけます。

無料コンサルティング見学では、何が体感できるか?

  • 実際のコンサルティング現場を体感できます。
  • 経営に関する戦略のアドバイス、提案をどのように行っているかがわかります。
  • 相談に乗るだけでなく、様々な視点から改正案を出していく違いに気づきます。
  • 多様な人達とディスカッションすることで独学では気付かない視点を得られます。